北米アカウント作った

北米アカつくった。VRの体験版とか、ソフトも北米しか配信してないのとか結構あるので。
とりあえずDEMOをかたっぱしからDLしてみた。
やってみたのは、北米版 VR demo disc 2 の中の
*Star Child
横スクロールのアクションパズルかな。
俯瞰でキャラを見て動かしていく。VR Roomのロボットレスキューみたいな感じ。
このタイプはまだ酔うね。ロボットレスキューもちょっときつくて、StarChildは横移動するから余計に変な感じ。
グラフィックもゲームも面白そうではある。


*REZ infinite
国内版でも配信されてるから、こっちでやらなくても良かったな。
高速で飛行してる、シューティング+音楽って感じ。
照準合わせが視線だから、頭振りまくる。
ちょっと見てたら酔うポイントって分かってきたかも。
移動画面は地面を見てると酔いやすい気がする。
今回のこれも、飛行はしてるんだけど、足元を視界に入れると酔いそうだったから、なるべく上を見るようにしてたら、1面クリアまで進めた。
試しに下を少しでも眺めてると、あの酔いそうな感覚が来たので、視線の位置も重要かもしんない。


少しVRに対して、自分がレベルアップした気分。
前述の、StarChildとかはキャラを見ながら、自然と地面も見てしまうから、酔いやすいんだと思う。
この調子で脳と体をアップデートしていきたいね。


DEMO Disc2は moss もやっておきたいな。今日はやってない。


*Until Dawn アンティルドーン DEMO
北米ストアにはDEMO版があったからDLしてみた。
やっぱ無理 ><、
平面で何度も動画見てて、どこでびっくりさせられるか分かっててなお無理。
でもさー、これ絶対楽しいよ。でも怖いよ。最近そんな葛藤がある。フリプの100円で買っておくかなぁ・・・
動画で見ててもさ、少しずつおどろおどろしくなっていくコースとか、最初のあたりはヒヨコとかの動かない的が出てくるのに、
だんだん動く敵が出てきたりする、じわじわ感とか、びっくりさせるポイントとか、なにもかも計算されて配置されてるんだよね。
レールシューティングとして秀逸だと思う。
でも怖いんよ!!


*国内版 demo VR Worldのロンドンハイスト射撃
射撃場で撃ってただけだった。右手の銃に左手で弾倉を持ってきて、カシャってはめるのが気持ちいいw
Moveコン2本買ってて良かった。こういうVR世界での手の動きがあると、一気に没入感が増すからね。


*バウンド体験版
これ好き。こういう世界に行きたいのよね。
VRでは高いところに行きたいかもw 下に広がる白いキューブの海とか見てて楽しい。
キャラを移動させるアクションだけど、視線は追従しなくて、自分の視点はワープで切り替わる。
これは酔い対策だね。全然違うわ。でも、頻繁にやりすぎるのも面倒かな。


今日やったのはこれくらい。
1タイトルごとに、休憩挟みながら、1時間ちょっと、ブルーライト低減メガネをつけてやってたんだけど、目の疲れが全然違う!
このメガネは私には必須かもしれん・・・
若しくは・・・
ただ単に、VRやったあとのDJMAXが駄目だったのかもしれんw
今はVRやった日はDJMAXやらないようにしてる。