Apex面白くなってきた


Apex Legends【PS4】20190402 ちゃんぽん

と、Apexの再生リスト

https://www.youtube.com/playlist?list=PLDsbaosaPNaWU1T86J5kV2vBCjPmFND90

 

現在320戦ぐらい降下して、Lv.39

260戦あたりから、ちょいちょい撃ち勝てたりkill取れたりしはじめた。

パスファインダーの超機動力の動画みて使ってみたり、武器も色々使ってみたり。

今の使いやすい武器は、

レシーバー付きのプラウラー。R-301、スピットファイア

初手持ちにはオルタネーターも結構好き。

 

あと、なに書き留めておこうとしてたっけ…

立ち回りとか裏取りとか、意識はしてるけど、上手くできたりできなかったり。

あ、撃ち合いしたとき、メイン武器の弾倉撃ちきったら、リロードせずにサブ武器に切り替えるようにし始めた。

上手い人の動画みると撃ち合い最中にリロードとかしてなくて、R-99で削ってピースキーパーでとどめとかやってた。

 

よくオススメ動画にでてくるので、あびつんさんの動画をよく見てます。

https://www.youtube.com/user/abutun1/featured

チーターのスポーツ実況が好きなんですがw

 

書きたいこと忘れた。また書こう。

新元号「令和」

元号発表されましたね。(記事書いてる日時 4/12)

昭和おじなので、改元は2度目で、若い子たちの雰囲気に

「お?改元は初めてか?ちから抜けよ。」とか昭和マウントを、

脳内で取ってたりしました。

 

出典元の万葉集の詩を読むと、ハイカラな感じがして良いですね。

 

「令和」の出典は「万葉集」巻五の「梅花(うめのはな)の歌三十二首并(あわ)せて序(じょ)」。「初春の月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」から引用された。

新しい時代として、

大正浪漫の時代ような、1990年代の音楽や文化のワクワク感があったような、

なにか新しい物に期待できる時代になればいいなぁと思います。 

デュアルディスプレイになった

デュアルディスプレイ

PS4やりながらPCも使いたくて、ついにデュアルディスプレイ環境にした。

これで配信見ながらゲームができたりする。

今もBlog書きながらサブディスプレイでYoutube見れてる。べんりー。

ただ、ディスプレイの個体差なのか、色味があんまり合わないのが気になる。

調整が難しい。

画面が広いって便利だなー。

PCの作業でも2枚あるとだいぶマルチタスクできるのは良いね。

 

Apex Legends

Apexもやってます。最初の時よりは少しは理解してきたかな?

でも、色々と理解してない事は多い。

武器もどれがいいのかなぁ。ハボックが使いやすいかな?

またトレモで撃ち比べしなきゃ。


PS4 20190305 録画 練習 野良

録画はしてみたけれど…

まぁ最初よりはAIMがぶっ飛んでないからちょっと進歩したと思おう。

 

ひとまずの課題として、

ちゃんとリロードする。

正面からの撃ち合いしたら、撃ったら移動する。

敵の横を取る。これは難しいか。

たまに、敵のサイドから撃てる時があるんだけど、そこで殺しきれないのは厳しいな。

FPS初めてで、全然分からないながら、わりと楽しくやれてるからApex神ゲー

にじさんじというシナジー

あらあら、題目だけ考えててまだ期間が空いてしまった。

 

・同一企業ならではのコンセンサス

まぁ当たり前の話なんですが、企業的にダメなラインってあるもので、そこら辺の足並みが揃ってるからこそ、その中で自由にライバー活動ができるわけで。

 

・コラボレーションの多さ

それを踏まえた上でのコラボ力の高さがにじさんじの魅力だと思うんです。

1期生、2期生、ゲマズ、Seedsとたくさんのライバーを順次デビューさせる事で、同期間の繋がりとか、困ったときの助け合いとか、打合せのしやすさとか、あると思うんですよね。

コラボしたときも、お互いのコンビ名を決めていたり。

だから、にじさんじライバーの単推しってすげー少ないんじゃないかな。

一人目に留まって推し始めても、コラボで他の人が来るし、むしろコラボならではの推しの魅力が見えたりして。

自分もそうだけど、樋口楓から入って、でろちーで、ちーちゃんも今めっちゃ追ってるし、時間あれば、かざちゃんとか、ひまちゃんとか見てるし。

そういうコラボから広がる、他の子もいいなーって繋がっていくってのは、ライバー間のシナジーだと思うんです。

それぞれが個々にやってたら、ここまで大きな組織にはならなかったんじゃないかな。

 

にじさんじMIX UP!!

www.youtube.com

そして、昨年末ぐらいから、1期生、2期生、ゲマズ、Seeds等と枠を作っていたものを全部統合して、にじさんじプロジェクトにすると。

自分はこの頃から入ったので、あんまりピンと来てないんですが、やっぱり〇期生同士で固まる傾向があったみたいなんですよね。

特に後輩からは1期生への憧れというか、尊敬と畏怖があったんでしょう。

今のにじさんじを作った人達だー!って。

それを取っ払って、普段全く絡みが無いメンバーでコラボしていく、公式企画の「MIX UP!!」

これがなかなか面白い。

本当に意外なメンバーでも、うまくまとまってしまったり、いまいちな時もあったり。

試験的というか、あえて混ぜこぜにして、その中から光るものを見つけに行ってる感じ。いいですね。

コラボだから光る人材。まだまだ居ると思います。

 

・マイクラにじさんじ

www.nicovideo.jp

そして、こちらはライバー側からの企画。

にじさんじメンバーで、マルチ鯖のマイクラをやってるだけなんですが、

ここでもまた、予測不能なドラマがたくさん生まれていますね。

イクラ配信は長時間になりやすく、追うのは不可能に近いんですが、リスナーの切り抜きが日々大量に上がっているので、そっちを追ってても楽しいんじゃないかな。

再生数を上げる面でも、できたら本編も踏みましょう。

配信してくれてたライバーさんのおかげだからね。

イクラ繋がりでコラボもかなり頻繁に行われていますし、かなりのシナジーあるんじゃないかな?

 

個人的に好きなドラマをいくつか。

www.nicovideo.jp

一番はこれだなぁ。台本なしノーカットなのに、10分間でホラードラマができあがっているのがすごすぎる。

 

 

それからこれ。いちご大墳墓シリーズ。その2。編集も出来がいいんだよなぁ。

www.nicovideo.jp

これ前日にひまちゃんは自宅を全焼させちゃって、本当はそのとき焼死してる説がめっちゃ好き。

www.nicovideo.jp

 

 

ここからストロベルのてぇてぇが始まった。

www.nicovideo.jp

深夜の炭鉱夫おじさんだったのが、ここら辺からみんなと絡み初めてベルさん一気にバズったよね。

 

なんかこう、にじさんじライバーを追ってると、学園ものの日常みたいな雰囲気感じます。

人と人との繋がりが魅力を引き出してくれる。

と、まぁ、どっぷり沼に浸かってしまったわけです。

他企業の人も知らないわけでもないけれど、だいたい、にじさんじ内で事足りるんだよなぁw

つい先日2人が活動開始したから、もう67人になるのかな?

大所帯ですねぇ。

関係性オタクが見た、でろちー

樋口楓から入ったにじさんじライバー達。

最初に目に付いたのが勇気ちひろでした。

 

www.youtube.com

たしか一番最初に見た動画は切り抜きのこれ。


【にじさんじ】メンドクサ女モードに入った樋口楓vs大人ちーちゃん

全然知らなかった時だったから、ここまで煽って大丈夫か…?

と、思ったりしたんですが、実はコレが「でろちー」らしさだったんです。

今なら分かるけど、大人ちーさんだったから、返しが大人しくて怖い感じに聞こえますなー。

 

ちょっとでろちーとは離れるけど、ちーちゃんの魅力が詰まってるのがこの動画。


【樋口楓】10分でわかる 勇気ちひろの壺コラボ【ハジメ】

かわいい声から、スッと出てくる返す刀の鋭さがちーちゃんの面白さw

 

 

さらにこれ。でろちーの関係性をぐっと進めたと思う、このでろーんのサプライズ。

youtu.be

でろーんが出した2日目組「半年ありがとう」のケーキに号泣しちゃうちーちゃん。

たった半年間とはいえ、仲間として辛い時も嬉しい時も支えあって頑張ってきたんだろうなぁ。

 

こんなことがあった上で、KANA-DEROの前説をちーちゃんにお願いしたでろーん。

お互いの信頼感を積み上げてライバー活動やってきたんだろうなぁ。

裏ではとっても仲間思いで気遣いしてくれる、でろーんが好きなんだろうな。

 

これですわ。ほんっとーに二人の信頼関係が尊い

 

こんなにエモエモなのに、いつもはこんなプロレスしちゃって。


でろちーコラボ!いんねんの対決!


でろちーコラボ!雑談(食レポ)

この日はオフコラボでやってたんだけど、たぶんでろーんがLiveのお礼を直接言いたくて、オフレコの話もいっぱいしたくて、オフコラボの予定をつけたんだろうな。

 

もう、ここまで来て、でろちーの魅力に取りつかれないわけがない。

さらにここからも、でろーんからのちーちゃんからのコラボ先には、まだにじさんじメンバーが居て、もっと色んなライバーさんを見ることになるのです。

 

でろちー好き!

樋口楓

www.youtube.com

アーカイブをどこから見始めたかなぁ。

とりあえず最初のお絵かきあたりぐらいかな。

まず声が好みだったんだよね。女の人は低めの声が好き。

で、関西弁女子めっちゃ好きw

それから、Vtuberと言いながら、リアルの話とかもするし、素に近い感じだったからいいなぁって。

キャラ設定が強くて、作った声の人はあんまり好きじゃなかったので。

今まであんまりVtuber見てなかった理由も、それかな。

初期の頃のシロちゃんとか、声も作ってそうに聞こえるし、見ててなんか不安になるから見てなかった。

 

もう一つ興味を引かれたのは、1/12にKANA-DEROという、ZeppOsakaでの1stLiveが近かった事。

つい先日キズナアイが演った場所で、生演奏のLiveをやるっていうのは、Vの者らしからぬというか、そんなことやるんだーって。

 


1st LIVE ありがとう!

 

Liveありがとう配信で、なんとなく人となりとか、Vに対する考え方とかが分かって、あぁ、自分はこの人応援したい人や。と。

Vの外側はついてるけど、中の人らしくV活動をしたいんだなぁと。

素に近い雰囲気はこういう思いから出てたんだなぁて。

 

Liveに関するインタビュー記事とかも見ました。この記事すごくよかった。

このレポートを書いた泉信行さんが寄稿してた、ユリイカVTuber特集もamazonで買いました。

 

ユリイカ 2018年7月号 特集=バーチャルYouTuber

ユリイカ 2018年7月号 特集=バーチャルYouTuber

 

 

人気バーチャルライバー樋口楓が語る1stライブ「絶対に大阪の会場でやりたかった」(エキサイトレビュー) - goo ニュース

 

その後はでろーんが出てるアーカイブを見ながら、他のにじさんじメンバーの事も知りつつ。

他の人との絡みが多いのが、大所帯のにじさんじらしさだと思うんですよね。

最初に広がったのがちーちゃんだったかな。

ちーちゃんはマイクラで長時間配信してるから、今一番見てる人かもしんない。

それはまた次にしよう。

 

Vtuber追い始めたキッカケ

日記も書きたいんや。

毎回書き出しこれな気がする。書き癖付かないなぁ。

 

 

Vtuber

年が変わってこの1か月ほどでドハマり。

存在は当然知ってたし、キズナアイとか四天王とか言われ始めるちょっと前ぐらいからは認知してた。

そこまで好みに合う人に出会わなかったので、あまり深く掘り下げる事もなく、2018年は随分世間に認知され始めたなぁという印象だった。

今年は元日に珍しく休みだったのもあって、大晦日にやってたVtuberの年越しイベント「Count0」をなんとなく見てた。

キズナアイZeppでLiveした直後だし、歌も出し始めてたし、親分目当てで見始めた。

途中は色んなVtuberが出演していたけど、全然知らない人ばっかだった。(実際はそこそこの中堅所だったのだけど)

んで、この子良い!と思ったのが、当初の企画(VRLive?)がトラブルで中止になって、急遽フリートークのコーナーに出てた2人。

天神子兎音と樋口楓だった。


COUNT0 概要欄から各チャンネルへ飛べます

軽快な関西弁トークがめっちゃ面白くて。

それから樋口楓。

なんか最近見たなーと思い返して、「あぁ、素手ペッカの子だ」と。

mabinogi公式のパンくんがRTしてたのでそこで見た子だった。

 

そっからまずは子兎音様の動画を見始めた。

それとでろーんこと樋口楓も見始めた。

 

そこからが始まり。結果的に一か月経った今は、にじさんじ沼に囲まれてる。

その道中の深みに行く話は次にしよう。できるかな…?

DIVA X トロコン

ミクさんトロコンしました。

CSのDIVAシリーズは F F2nd に続いて3つ目のプラチナ。

初期のドリーミーシアターex以外は取れました。

DTexは激唱パフェあるから無理。

 

今回は親愛度上げがきつかったなぁ。

前作の F2nd は頭なでて上げれたし、MAXがLv.5だったから割とすぐだった。

作業量的に曲数が少なくて、同じ曲ずっとやらざるを得ない。

イベントアイテムも特定の曲でしか出ない物があって、イベント種類が多い

スケッチブックだと12個必要なのに、終極メドレーとはじめてメドレーしかDropなくて

ひたすら回してた。

ボルテージLv.5まで上げたら、アイテム5個もらえて、それがMAXだから

そこからはプレイ捨てて見るだけの作業。

 

まー、VRモードは神。

シュープリームの可愛さ半端ない。すこ。

f:id:yuki11:20181026163601j:plain

初音ミク projectDIVA X

プラチナ40個目記念として、DIVA-Xに取り掛かってます。

 

やり始めは知らない曲ばっかだったけど、いくつかお気に入りの曲ができた。


PinocchioP - SLoWMoTIoN feat.Hatsune Miku /ピノキオピー - すろぉもぉしょん

1つはピノキオPさんの「すろぉもぉしょん」

 

FTにも2曲あって、「はじめまして地球人さん」と「ありふれたせかいせいふく」


PinocchioP - Nice To Meet You, Mr. Earthling feat.Hatsune Miku / ピノキオピー - はじめまして地球人さん


PinocchioP - Common World Domination feat.Hatsune Miku / ピノキオピー - ありふれたせかいせいふく

どっちもネタ曲かと思って最初は敬遠してましたが、何度かやってるうちに妙に心に残る。

ポップな曲調ながらどこか深い歌詞が好きです。

すろぉもぉしょんの、最後の「大丈夫だよ。           たぶん。」

の、たぶん。が好き。

大人は他人に気安く責任を負ったりしない感じ。

(根拠も無く)まぁ、大丈夫だよって言ってくれる。

嬉しいけど、なんの根拠もねーよなー。まぁ、そんなもんかー。

という、ちょっと大人な軽さのある歌詞とか、

恥の多い人生なんて、珍しいもんじゃないしーとか

 

人生いろいろ大変だけど、最後は死んじゃうんだし、まぁのらりくらり

楽しくいきましょ。って感じかな。

 

Twitterからのテスト的な

 

embedで置いてくれるのか。これはいいね。

ただこれ、開くのが少し重いんだよな。

最近まとめアフィブログでこの形式が流行ってるけど、開くとき結構重いから嫌い。

まー、貼り付けついでにこうやって日記書けるようになるから、

自動で投げてくれずにこの一手間ある方が、自分には良いかもしれない。